クレジットカード,比較

クレジットカードを比較して選ぶ

はじめてのクレジットカード選びを、今この時代に行なうとゆうのはむッチャえらいなことかもしれまへん。それほど選択の余地がなかった時代ならいざ知らず、世の中には実に多種多様なクレジットカードがあふれていまんねん。ひと昔前にはまるっきし考えられなかったくらい、クレジットカードはわてたちの生活にごく自然に浸透し、その機能も多彩に変化しておるのや。

 

クレジットカードの利用者が増えていくにつれて、カード決済が利用できる場所や場面が増えていくとゆうのは当然のこと。海外旅行やレストラン、百貨店なんやらである程度の金額に達する利用料金の決済に使われていたクレジットカードが、今ではコンビニやファミリーレストランといったより身近な場面でも活躍するようになってきていまんねん。

 

小額でのクレジットカード利用も普通のこととなり、はじめてクレジットカードを持つ年齢も低くなっておるかもしれまへん。学生専用のクレジットカードも種類が増え、わっかい世代の消費者にとって、クレジットカードかなり身近なものと感じられておるはずや。

 

クレジットカードを利用することによって、手持ちの現金に不足を感じたとき、街中のATMで気軽にキャッシングを行なう人も増えていまんねん。クレジットカードがより身近なものとなりよった今、快適で豊かな消費生活を送るためには、クレジットカードを賢く上手に使いこなすことは必須条件といえるものであるでっしゃろー。クレジットカードの使い方を正しく教える教育の機会も、いっぺんに必要になりつつあると言えそうや。

 

どなたはんもが承知しておる通り、クレジットカードには「信用」とゆう意味があり、クレジットカードを手に入れるためには所定の審査にパスし、カード会社からの信用を得る必要があるんや。入会審査はそれぞれのクレジットカード会社やカードの種類によって異なるんや。学生用のクレジットカードであれば、保護者である親が本人に変わって審査を受けることになるんや。

 

はじめてのクレジットカード選びは、責任ある社会人としての消費生活を始める第一歩とも言えまんねん。資料を取り寄せて、利用規約や入会条件をしっかりと確認し、クレジットカードとしての機能や付帯保険・サービスの内容もチェックして納得した上で、申し込みをするようにしまひょ。基本的な選択のポイントとなるのは、年会費がかかるかどうか、利用限度額がどのくらいであるか、オノレが希望する付帯保険や特典がついておるか、保険の補償範囲に問題はないか、とゆうような点になるんや。

クレジットカードをセキュリティーで比較

クレジットカードは今や、おサイフケータイやETC用のICカード、また流通・小売り事業者が発行しておるICカードなんやらさまざまに形を変えてわてたちの日常生活に浸透していまんねん。クレジットカード決済をスムーズにするための環境の整備も進められ、これやまでには考えられなかったような場所、状況でのクレジットカードの使用も行なわれるようになったんや。せやけど、クレジットカードが生活に浸透し、カードの種類が増えるにつれて、管理が必要となる情報の量も膨大に膨れ上がることになるんや。クレジットカードによる決済サービスを提供する企業にとっては、セキュリティ強化はカード会員の利便性アップとともに、最も重視せなあかんならへん課題の一つとなっておるのや。

 

クレジットカード会社がこぞってセキュリティ対策に乗り出したこともあって、急増していたクレジットカードの不正使用の件数はようやっと一段落したようにも見えまっけど、被害がなくなりよったわけではオマヘン。海外の大手クレジットカード会社から大規模なクレジットカード情報の漏えいが発覚した事件では、WEBアプリケーションにセキュリティホールが存在したことが原因の一つとされており、このような例から考えると、クレジッットカードのセキュリティ対策にはまだまだやらなければならへんことが数ぎょーさん残されておるとゆうことができそうや。安全にクレジットカードを使用できる環境を作るため、クレジットカード発行会社やカード加盟店なんやらが一体となって、セキュリティ強化を目指すことが必要となっておるのや。

 

最新技術を用いたクレジットカードのセキュリティ対策には、どのようなものがあるのでっしゃろーか? セキュリティとゆう問題に関しては、クレジットカード業界ではPCISSCと呼ばれる組織が中心的となって活動を行なっていまんねん。PCISSCによって定められたデータセキュリティ基準には、クレジットカード会員の重要データであるカード番号と、関連の機密情報を守るために実施するべき要件とゆうものが細かく規定されていまんねん。

 

例えば、「脆弱性を管理するプログラムの整備」とゆう項目に関しては、アンチウイルスソフトの利用しソフトを定期的に更新することや、より安全なシステム及びアプリケーションを開発し、保守すること、また「定期的なネットワークの監視およびテスト」とゆう項目に関しては、ネットワーク資源、またカード会員情報へのあらゆるアクセスを追跡・監視することなんやらが定められていまんねん。

郵貯とクレジットカード

郵政民営化時代に入り、郵貯とクレジットカードの関係は今、激変のまっただ中にあるとゆうことができまんねん。1984年からの郵政公社時代、「郵便貯金ジョイントカード」せやなかったら「郵便貯金共用カード」と呼ばれるカードを郵貯では発行していたんや。これやは、それぞれのクレジットカードが持つ機能を郵貯のキャッシュカードにプラスして一枚のカードにすることによって、郵貯キャッシュカードの普及を促進させようとゆう目的から発行されてきたものや。郵貯との共用カードを手がけてきたトップ3は、クレディセゾン、オーエムシーカード、セントラルファイナンスで、全部合わせるとカードの種類は、最も多かった時期にはおよそ150 種類にものぼっていたといわれていまんねん。

 

郵政民営化以降、郵便貯金共用カードはとりやめる流れとなっていまんねん。クレジットカードは、カード利用によってそのカードの発行元に手数料収入が入るとゆう仕組みになっておるため、その利益は自前でクレジットカードを発行すれば自社のものとすることが可能であるさかいや。郵貯が自前でクレジットカードを発行すれば、手数料収入は当然郵貯に入ることになりまっしゃろから、そういった流れの中で、郵政民営化以降は郵便貯金共用カードではなく、郵貯独自のクレジットカードを発行することが方針とされたわけなのや。

 

郵政民営化の前後において、クレジットカード業務は実は大きく変化することになるんや。郵政公社に存在していた既存のクレジットカード会社との提携による郵便貯金共用カードと呼ばれるカードは、自前のクレジットカードにその座を譲ることになるんや。それまでは、それぞれのクレジットカード会社が担っていたクレジットカード部分の発行や、その後のカード利用に対する事務処理作業といった業務も、今後は自前で行なう必要が出てきまんねん。

 

郵貯の自前のクレジットカード発行は、既存のクレジットカード会社にとっては大きな驚異となることが予想されまんねん。郵貯のネットワーク日本全国各地に浸透しておるきめ細やかなものであるさかいや。郵便貯金共用カードがとりやめの方向になりよった今、かつて共用カードを取り扱っていたクレジットカード会社の中には、はようもこのカードの既存会員を自社のクレジットカード会員に取り込む方針を打ち出したところもあるんや。逆に郵貯サイドでも、郵便貯金共用カードの会員を自前で発行するクレジットカードの会員に取り込もうとする可能性もあり、ここでの会員獲得の競争は熾烈になるものと予想されまんねん。